田園調布でフルスケルトンでリノベーション!B - 神奈川・横浜のマンション・スケルトン・リノベーションブログ

横浜リノベーション
ブログ
お問合せフォーム
横浜リノベーションが選ばれる理由

田園調布でフルスケルトンでリノベーション!B

皆さんこんにちわ!横浜リノベーションのリノ・ヨーコですヾ(@°▽°@)ノ


田園調布リノベーションの現場レポートの続きです。
 
前回の解体のレポートよりかなり時間がたってしまいましたが・・・・。
その理由は、大きくプラン変更があり図面の書き直しや商品選定を再度行っていた関係です。
今回は、解体後の状態をまとめてみました。
一般の方は、あまり見る事がないと思いますので、
面白いのでは・・・・と考えアップする事にしました。

123

124
アルミサッシと壁の写真です。
解体してみるとこんな風になっているんです。
サッシの枠は、コンクリート部分に鉄筋を差し込んで、その鉄筋に枠を溶接で
固定して取り付けるのです。
廻りは、モルタルで綺麗に埋めて出来上がりとなるわけです。

125
この穴は、キッチンの換気扇部分の穴です。
この現場では、既存のキッチン換気扇がプロペラファン式の
換気扇でした。
今度は、シロッコファンにする為+キッチンを移設するので、この穴は
不要になるので塞いでしまうのです。

壁に書いてありますよね ←フサギ って。目

126
これはキッチンの前にあるサッシです。
高さがとても低いサッシです。
サッシの下にある丸い白い跡は、ここにはタイルが貼ってあった形跡です。
この工法は、ダンゴ張りと言う工法でタイルが貼ってあったのです。

127

128
この写真は、梁に枠材が埋まって取りつけてあった跡です。
最近では、このような工法は、あまり行いませんが、
以前は、普通に行われていました。
これは、梁下の高さを少しでも高くする為の方法でもあります。
129
これは、構造材の小梁というものです。
鉄筋コンクリート構造のマンションは、ラーメン構造で出来ており
柱と梁で構成されています。

*ちなみにラーメン構造とは、食べるラーメンの事では無くて
ドイツ語で「枠」と言う意味です。
柱と梁で一体化した構造の事です。
130
この写真は、上の階の配管が見えていますね。
これは、区分所有法が成立する前のマンションによく見られるものです。
現在の造りで配管類は、下の階におろさず各階において配管されるのが
一般的です。

横浜リノベーションスケルトン ローコスト ワンストップ のリノベーションは
リノベーションオールラウンダーの横浜リノベーションにお電話下さい。
横浜 湘南 藤沢 辻堂 逗子 鎌倉 三浦 茅ケ崎 川崎 横須賀 東京   

リノベーションは横浜リノベーションにおまかせ!
電話マーク0120-945-887
パソコンマークhttp://www.y-rv.com/ 
omachishiteorimasu !!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る