神奈川・横浜のマンション・スケルトン・リノベーションブログ | 横浜リノベーションは、スケルトンリフォームをはじめとする横浜・湘南・神奈川の中古マンション・中古戸建リノベーション・リフォームを行うプロの技術者集団です。

横浜リノベーション
ブログ
お問合せフォーム
横浜リノベーションが選ばれる理由
ブログ

横浜 鶴ヶ峰 リノベーションK

みなさんこんにちわ!横浜リノベーションのリノ・ヨーコです(。+・`ω・´)ノ☆彡本日も、横浜 鶴ヶ峰からリノベーション現場のレポートお伝えしていきます(ο´ω`ο)ゝ今回のリノベーション工事は【レリーフ】を使います。【横浜リノベーションのプチ情報局】\ __○ノ ハイ、ココ重要!!   _〆○ノメモメモ…【レリーフ】とは浮き彫りの事。木や石など、平らな面を彫って高低差をつけて表現したものです。主に建築物の一部のドアや壁などの装飾として発展しました。692こちらの大きなアジアンテイストなレリーフは、玄関の脇に取り付けます。693こちらの大きなアジアンテイストなレリーフは、玄関の脇に取り付けます。694↑↑↑先程のレリーフを取り付けました。素敵ですね!石膏ボードの見えている部分は【全身鏡】がつきます。そして、今回は要チェックなポイントをお伝えします。以前この写真を載せましたね。石膏ボードが貼られていない部分はどうなるのでしょう。・・・と。695一気に石膏ボードが貼りあがりましたが、下の写真の、3つの四角い開口部分わかりますか?↓↓↓コチラが廊下側です。696↑↑↑この3つの四角い開口部に何が入るかといいますと、こちらにもレリーフが入ることになっています。↓↓↓697↑↑↑コチラが真裏の写真です。    真裏はウォークインクローゼット(WIC)になっているんです。そしてポイントはコチラの四角いレリーフです。コチラのレリーフのデザインや取り付ける位置に、とても意味があるのです。↑↑↑コチラのレリーフを取り付けていきますよ。アジアンテイストレリーフ良いですね!【横浜リノベーションポイント】\ __○ノ ハイ、ポイントネ!!、なぜレリーフを単に取り付けるだけではなく、壁に開口部を設けてはめ込むようにしたのでしょうか?,ウォークインクローゼットに窓などがない場合、たまに扉を開けて換気したりしますよね。今回は壁の3カ所をあけて廊下側にレリーフを入れることで風通しが良くなり、自然にウォークインクローゼット内の換気をするために、壁にレリーフをはめ込みました。おしゃれ+機能性がありますよね。本日の横浜リノベーションこだわりポイントです!!↓↓↓はめ込むとの、このようになります。698↑↑↑これから、レリーフ枠廻りの石膏ボードに、パテをうって塗装をしていきます。↓↓↓コチラが塗装後の廊下側から見た開口です。699これからレリーフを取り付けていきますよ。出来上がりは、また今度までのお楽しみです!それではみなさんまた次回です!(*´Д`)ノ~~☆:.・*.See.:you.:♪・*.:(´Д`*)ノ~~☆ 横浜リノベーションスケルトン ローコスト ワンストップ のリノベーションはリノベーションオールラウンダーの横浜リノベーションにお電話下さい。横浜 湘南 藤沢 辻堂 逗子 鎌倉 三浦 茅ケ崎 川崎 横須賀 東京    リノベーションは横浜リノベーションにおまかせ!電話マーク0120-945-8875 パソコンマークhttp://www.y-rv.com/ omachishiteorimasu !! 
このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜リノベーション

PageTop