横浜で中古物件のトタン戸建をフルリノベーション!⑤

横浜市

みなさんこんにちわ!横浜リノベーションのリノヨーコですヾ(●´▽`●)ノ今回もBeforeAfter事例のブログをお届け致します。今回は基礎立上りが出来るまでの工事をお見せいたします!こちらの画像は前回のコンクリートを流し込んだ底盤(スラブ)になります。大体コンクリートを流して、2~3日置いて固まると次の作業に移ります。

基礎立ち上がり内部型枠をつくっていきます。その際に立ち上がり内部枠に問題がなければアンカーボルトを設置します。このアンカーボルトはなぜ必要かというと、基礎コンクリートと柱をしっかりとつなぐために必要なもので、13~16mmのものが使われます。アンカーボルトは結束線で配筋に固定します。

いざ!コンクリート流し込み!!全部に流し込みします。



これで全部に流し込みが完了しました!ここまで来るとだいたいではありますが間取りが分かりますね。これであとは完璧に乾くまで待ちましょう!

これが乾いたら次はどんな作業をしていくのでしょうか!
次回もご覧くださいね!・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆♥(๑→ܫ←)♥ⓢⓔⓔ ⓨⓞⓤ。o○

★横浜リノベーションでは神奈川を中心に横浜・逗子・葉山・藤沢・湘南でのリノベーションを行っております。
ワンストップリノベーションではクライアント様の条件に合った件探しからリノベーションまでを全面サポートいたします。★

横浜リノベーション横浜リノベーション