横浜市三ッ沢 中古マンションリノベーション⑪ ドライウォール下地

横浜市

皆さんこんにちわ!横浜リノベーションのリノ・ヨーコですヾ(@^▽^@)ノ横浜三ツ沢のリノベーション工事もいよいよ佳境に入ってきました。☆ウキ(p。・∀・q)(p・∀・。q)ウキ☆ 壁も天井もドライウォール仕上げなので、下地処理が最重要となります。ここで、不細工な処理を行うと全てが・・・・・・・台無しとなりますのでチェックを何度もいれて、慎重に進めて行きます!!(`Д´)ゞ ビシッ!  コーナー部分は、コーナービートを取り付け補強をします。ぶつかって破損しない様に角を強くするための下作業です。  

石膏ボード+石膏ボードのジョイント部分は、「ジョイントセメント」で埋めていきます。下地パテは、2回行うのが通常です。1回だと確実に痩せてしまうので、その上にジョイントテープを貼ってしまうとエアー層が出来てしまうのでクラックの原因となります。


コーナービートの両サイドにジョイントテープを貼りでさらに補強して行きます。

バッチリです。この上に下地パテを平滑になる様に、打ってゆきます。


この作業は、角の部分全てを同じ要領で行って行きます。ちなみに、出隅と言います。

塗装に限らず下地は命なので、仕上げよりもチェックが厳しくなります。建築の工種の中でも衰退して行く工種があります。塗装も昔に比べたら、室内での作業はかなり減って来ています。今まで塗装をしていた部分は、塩ビシートにその座を奪われ塗装自体、ゼロのマンションは多くあります。しかしながら、良いものは良い。そんな良いものをなくすのは、もったいないのでこれからもどんどん推奨して行きます。ではでは皆様また次回お会い致しましょう!see you again!…(。+・`ω・´)ノ☆彡

★横浜リノベーションでは神奈川を中心に横浜・逗子・葉山・藤沢・湘南でのリノベーションを行っております。
ワンストップリノベーションではクライアント様の条件に合った件探しからリノベーションまでを全面サポートしたします。★

横浜リノベーション横浜リノベーション