それ、本当にリノベーション?リフォームとの違いを知っておこう。

中古マンションの価格が年々上昇してきています。
費用を少しでも抑えるために、室内全体がきれいになっていてすぐに住める「リノベーション済み物件」を探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

リノベーション済み物件なら、安く、きれいな部屋に住めるから一石二鳥?けれど、ちょっと待ってください!
それは本当に「リノベーション物件」ですか?

リノベーションとリフォームの使われ方はとても曖昧

物件情報に「全面リノベーション済み♪すぐに入居できます!」など書かれていることがありますが、実は不動産会社ですらリノベーションとリフォームの使い方は曖昧。

リノベーション物件だと思って購入した物件が、実は表面のみを修繕した“リフォーム物件”だったということも起こり得るのです……

ここでもう一度、リノベーションとリフォームの定義を再確認しておきましょう。

  • リフォーム:劣化した設備を入れ替えや交換を行う“修繕目的”の工事
  • リノベーション:室内をただきれいにするだけではなく、間取りや設備、機能性などを高めて“付加価値”をつける工事

リノベーションをすれば室内の資産価値が高まり、購入したときよりも高く売れる可能性があります。これはリフォーム物件ではあり得ないこと。

「室内をきれいにする」という意味で曖昧な使われ方をするリフォームとリノベーションですが、その間には超えられない大きな壁があるのです。

リノベーションは絶対に!リノベーション会社に依頼した方がいい

定義が曖昧なリフォームとリノベーション。
もしリノベーション物件をお探しなら、リノベーション済み物件を探すのではなく、リノベーション会社に工事依頼しましょう。

さらに言えば、「ワンストップリノベーション」ができる会社がおすすめ。
ワンストップリノベーションは、物件購入から工事までをすべて1社で行うことをいいます。横浜リノベーションも、ワンストップリノベーションができる会社です。

予算や希望を考慮しつつもリノベーションに適した物件を探し、お客さまのこだわりや想いを詰め込んだ資産価値の高い住まいを提供しております。
そして私たちが特におすすめしているのは「団地リノベーション」。

団地物件は安く購入できるだけではなく、公園やスーパー、学校などの周辺環境も整っているので住みやすさもバツグン。
団地リノベーションをすれば、費用を抑えながらも理想の住まいが手に入ります。

現在、弊社が物件調査を行い内装材や設備を取り払い、スケルトン(基礎のみの)状態にした物件を販売中です!
専有面積45㎡前後の物件をお探しの方は要チェックですよ。^^
詳細はこちらから。

弊社がリノベーションをすすめる理由について熱く語ったブログもありますので、ぜひこちらもご覧になってくださいね!

私たちが「ワンストップリノベーション」をおすすめする理由

リノベーションを検討中の方は、問い合わせフォームや電話(0120-945-887)でお気軽にご相談ください。

→ お問い合わせフォームはコチラ

 

Instagramも運営しておりますので、こちら↓をクリックしてフォロー&いいねをよろしくお願いいたします!

横浜リノベーション横浜リノベーション