神奈川・横浜のマンション・スケルトン・リノベーションブログ | 横浜リノベーションは、スケルトンリフォームをはじめとする横浜・湘南・神奈川の中古マンション・中古戸建リノベーション・リフォームを行うプロの技術者集団です。

横浜リノベーション
ブログ
お問合せフォーム
横浜リノベーションが選ばれる理由
ブログ

新横浜 和モダン マンションリノベーションC

皆さんこんにちわ!横浜リノベーションのリノ・ヨーコです!只今 \( ̄^ ̄)/ 参上!!本日も中古マンションリノベーションの現場よりレポートしていきますよ。+゚ゎくゎく.+゚(o(。・д・。)o).+゚ぅきぅき.+゚ 前回は木軸を組む作業が行われていましたね。現場を見ていきましょう。突然ですが、コレ何かわかりますか?どの家にも必ず付いています。ハイ!コチラは【スイッチボックス】と言います。コンセントやスイッチなどを配線・設置するために必要な埋め込みボックスです。木軸をたて、石膏ボードを貼る前に配線をしていきます。その際スイッチボックスも設置していきます。そして石膏ボードを貼っていきますよ。ん?ボードを貼ってしまったらスイッチボックスはどうなるの?と思いますよね。電気職人さんが、特別なセンサーを使って、スイッチボックスを設置した位置を検知します。【間柱センサー】と呼びます。写真の銀色のテープは、「ここにスイッチボックスがあるよ!」と正確な位置を検知させるための重要なテープです。埋め込みボックスを検知し、壁を引き廻しノコギリなどでくりぬき、開口させていきます。↓852開口する位置を間違えないように、しるしをつけます。853開口するとこのように、石膏ボードを貼る前に設置したスイッチボックスが出現します。このようにして、電気コンセントや電気スイッチを設置されていくんですよ。今回は【スイッチボックス】特集でした!工事はまだまだ続きますよ。次回はどんなことが起きているのでしょうか!!必見です!では皆さんまた次回お会いしましょう!!see you again!...(。+・`ω・´)ノ☆彡横浜リノベーションスケルトン ローコスト ワンストップリノベーションはリノベーションオールラウンダーの横浜リノベーションにお電話下さい。横浜 湘南 藤沢 辻堂 逗子 鎌倉 三浦 茅ケ崎 川崎 横須賀 東京    リノベーションは横浜リノベーションにおまかせ!電話マーク0120-945-8875 パソコンマークhttp://www.y-rv.com/ omachishiteorimasu !!
このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜リノベーション

PageTop