カーペットだったエントランスをモルタルで土間にしてみました。 - 神奈川・横浜のマンション・スケルトン・リノベーションブログ

横浜リノベーション
ブログ
お問合せフォーム
横浜リノベーションが選ばれる理由

カーペットだったエントランスをモルタルで土間にしてみました。

みなさんこんにちわ!
横浜リノベーションのリノ・ヨーコですヾ(●´▽`●)ノ

今回我が社のエントランスホールを土間にしました。

もちろん我社のロゴである「yr」を入れてみました!
それではカーペットからモルタルの仕上げまでをご紹介い致します。


元々のエントランスホールです。
1007
元々はカーペットでした。
なんといってもカーペットはごみがくっつきやすく掃除をしてもしても汚く見えてしまう…さらにはカーペットも色が黒なので余計ごみが目立つ!
なら変えてしまおう!ということになり始まったこの企画です!

カーペットをはがしましょう!
1008
ぺりぺりと案外簡単にはがれていきました!
一部だけ剥がしました。剥がした部分にはというと…
手元に見えます、タイルをザクザクと切って切り離し…


切り離したタイルを…
1009
丁寧に並べていきます!
そうなんです!このタイルで我が社のロゴを作るのです!

形がしっかり決まりました。
1010
形がきれいに決まったら次はのり付けです!

のりでペタペタと…
1011
どんどん貼っていきましょう!
せっかく綺麗に形も整えたのにここでズレが出てしまったらもったいないのでしっかりと目印をつけておきましょう!

タイルを貼り終えたらお次は…
1012
モルタルでロゴ以外を埋めていきます。
このモルタルを作るの少し手伝ったのですがなかなか水とセメントが混ざらなくてなんといっても重い!女性の方がやるとなるとかなり力がいるなと思いました。

ここでモルタルとコンクリートの違いを説明させていただきます!

コンクリートとモルタルの違いはみなさんお分かりでしょうか?
そもそもコンクリートとモルタルは同じものでしょ?と思うかもしれません。
コンクリートとモルタルの大きな違いは砂利の有無ですが、これによってそれぞれの強度が異なり、使用する用途も変わってきます。それぞれの特徴は以下の通りです。
※コンクリートってなに?
セメントと砂利と砂を混ぜ、水を入れて練ったもの。
ブロック塀を積み上げる時の基礎や建物の土台、カーポートなど強度の必要な場所で使います。
※モルタルってなに?
セメントに砂を混ぜ、水を入れて練ったもの。
コンクリートほどの強度はありません。ブロックやレンガを積む時や、コンクリートの表面の仕上げなどに使います。
セメントのみを水で練ったものは「セメントペースト」と言います。
きめ細かいのが特徴でタイルの目地やモルタルのひび割れの補修等に使います。
いかがですか?コンクリートとモルタルの違いは分かっていただけたでしょうか?そうなんです。
どちらも大きな違いはないのです。違いと言えば砂利が入っているか、いないか簡単に言ってしまえばただそれだけの事なんです。

完成に近づいています!
1013
そしてモルタルを敷き詰めた様子がこちらです!
かなり綺麗ですね!
速乾のモルタルなで半日ぐらいで乾いていました。



完成です!
1014
こちらが完成になります。
綺麗に土間になりました。
更に受付台使わなくなった無垢のフローリング材で造りました。
かなり素敵になりましたね!


いかがでしたか?
今回はカーペットからモルタルで土間に仕上げました。
ここで気を付けてほしいのは最後に全部乾いたあとに必スポンジを水で濡らして空拭きしてください。
そうすれば綺麗な仕上がりになります。

では次回もお楽しみにーヾ(●´▽`●)ノ

横浜リノベーションスケルトン ローコスト ワンストップ のリノベーションは
リノベーションオールラウンダーの横浜リノベーションにお電話下さい。
横浜 湘南 藤沢 辻堂 逗子 鎌倉 三浦 茅ケ崎 川崎 横須賀 東京   

リノベーションは横浜リノベーションにおまかせ!
電話マーク0120-945-887
パソコンマークhttp://www.y-rv.com/ 
omachishiteorimasu !! 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る