神奈川・横浜のマンション・スケルトン・リノベーションブログ | 横浜リノベーションは、スケルトンリフォームをはじめとする横浜・湘南・神奈川の中古マンション・中古戸建リノベーション・リフォームを行うプロの技術者集団です。

横浜リノベーション
ブログ
お問合せフォーム
横浜リノベーションが選ばれる理由
ブログ

横浜 鶴ヶ峰 リノベーションC

皆さんこんにちわ!横浜リノベーションのリノ・ヨーコですヾ(@^▽^@)ノ本日も鶴ヶ峰からの現場レポートしていきますよ‼大工工事の作業が始まっています。むむむ?何か敷かれていますね。,問題です!コレは何でしょうか?593,はい!正解は“置き床”を敷いているんです。マンションの床は上げ底になっているのです。コンクリートの上に直接フローリングを貼っているわけではないんです。(σゝ∀・)σ☆置き床〜横浜リノベーションのプチ情報〜その@置き床】は、マンションのリノベーション工事には、かなり使われている二重床です。コンクリートの床の上にさらに床を造っているんですよ!594(σゝ∀・)σ☆置き床〜プチ情報〜そのA上の写真は置き床をするために必要なものです!※【パーティクルボード】とは現場では“パーチ”と略して呼んでいます。置き床の元となる厚い板です。用途によって厚さを使いわけます。※【ボード受け・支持ボルト・クッションゴム】とはこの3つは一体になっています。“クッションゴム”により振動を吸収して下の階への騒音を軽減します。595↑↑↑上の写真のように、パーチを足に載せて行きます。この際、床が水平になっているか、しっかり確認していきます。というのも、元のコンクリートの床が平らに見えても、確認してみると平らではないんです。足の真ん中のネジ(支持ボルト)で高さの調節をして、しっかり水平を取りますよ。596パーティクルボードをキッチリつけて並べると床鳴りの原因になってしまうので、12o程度の間隔をあけて並べていきます。(o'ω`σ)σcheck!※床鳴りとは…木製の床の上を歩いた時にギシギシと“きしむ音”がする現象の事を言います。597(σゝ∀・)σ置き床〜横浜リノベーションのプチ情報〜そのBパーティクルボードは並べ方が決まっています。その名も【千鳥張り】です。千鳥足ではなくて千鳥張りですよ!wお間違えなくwなるべくジョイントを揃わないようにしたほうが、床の沈みや、たわみを低減できるのです。そして、この上にフローリングを敷いていきます。今回は置き床特集でした☆工事は、どんどん進んでいきますよ‼では次回もお楽しみにーsee you again!(*ゝェ・)/~☆横浜リノベーションスケルトン ローコスト ワンストップ のリノベーションはリノベーションオールラウンダーの横浜リノベーションにお電話下さい。横浜 湘南 藤沢 辻堂 逗子 鎌倉 三浦 茅ケ崎 川崎 横須賀 東京    リノベーションは横浜リノベーションにおまかせ!電話マーク0120-945-887 パソコンマークhttp://www.y-rv.com/ omachishiteorimasu !!
このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜リノベーション

PageTop