人気なのは?マンションリノベーションでよくある間取り事例

その他

マンションリノベーションでは自由に間取り変更ができるので、「どんな間取りが過ごしやすいんだろう」「どんな間取りが人気なんだろう」と思いますよね。

そこで今回のブログでは、マンションリノベーションでよくある間取り事例と、注意点をお伝えしていきます!ぜひ参考にしてください^^

マンションリノベーションで人気の間取り事例

マンションリノベーションで人気なのは、次のような間取りです。

  • 広々としたLDK
  • 仕事や趣味のための書斎
  • 家事ラクの回遊動線

これらの中で最も人気なのが「LDKを広くする」間取りです。最近では「リビ充」と言って、家族がリビングに集まり、それぞれの時間を楽しむ間取りが増えています。

個室や和室をなくす代わりにLDKを広くして、部屋の隅にちょっとしたワークスペースや3畳ほどの小上がりの和室を設けたりする間取りが人気です。

次に人気なのが、「書斎のある間取り」です。テレワークを取り入れる会社が増えたこともあり、2〜4畳ほどの書斎を設ける方が増えています。リビングの一角に作るのもいいですが、気持ちを切り替えるためにあえて離れた位置に作り、“お家出勤”するのも◎。
そして最近とくに注目されているのが、「回遊動線の間取り」です。

回遊動線は文字通り、空間に行き止まりがなく回るように行き来できる間取りのこと。水まわりを一か所にまとめて扉で行き来できるようにすることで、立ち止まることなく家事を進められます。

たとえば、子どもたちの入浴の様子を時々見ながら料理をして、洗濯物をたたんでしまう。回遊動線になっていれば、このような家事を無駄な動きをすることなくこなせるのが魅力です。

共働き家庭が当たり前になった昨今、短時間で家事をいかに効率良く進めるか「タイパ(タイムパフォーマンス)」が求められるようになったことで、子育て世帯から特に人気を集めています。

回遊動線は家事効率アップの鍵!しかしプランニングの課題も…横浜リノベーションでの打開策を紹介!

マンションリノベーションで間取りを変更したいときの注意点

マンションリノベーションで間取り変更をしたいときに注意したいのは、次のポイントです。

  • 物件選び
  • リノベーション会社のプラン力
  • 予算配分

マンションリノベーションで絶対に失敗できないのが「物件選び」です。大きく間取りを変更したいのなら、ラーメン構造のマンションを選びましょう。

>リノベーション向き物件の上手な選び方

また、リノベーションでは「限られた面積内でいかに希望を叶えるか」が重要になるため、リノベーション会社のプラン力が試されます。ただ希望をポンポンと詰め込むだけではなく、動線なども意識しなければならないのも難しい部分。
おしゃれさだけではなく、実用性のプランニングもできるリノベーション会社に依頼しましょう。

そして最後は「予算配分」です。物件を購入してリノベーションする場合は、物件購入に費用をあてすぎると、間取り変更までする予算が残らないことも・・ついつい物件購入費用に比重を置きがちですが、リノベーションで大切なのは「工事費用」です。

横浜リノベーションでは、知識と経験豊富なリノベーションエンジニアが、物件選びやプランニングはもちろん、予算配分の考え方までしっかりとサポートいたします。
リノベーションで間取り変更をご希望の方は、まずは電話やメールフォームからご相談ください!

→ お問い合わせフォームはコチラ

左近山団地フルリノベーション物件完成しました!
緑豊かでコミュニテイの整った左近山団地2Fのお部屋です。
専有面積45㎡前後の物件をお探しの方は内見も可能ですので、お気軽にご連絡ください^^
詳細はこちらから。

Instagramも運営しておりますので、こちら↓をクリックして「フォロー&いいね」をよろしくお願いいたします!

横浜リノベーション横浜リノベーション