横浜リノベーションは、「理想の金額で夢を叶えたい方」を応援します!

その他

見積もりほど、曖昧なものはありません。

打ち合わせを重ねるうちに、設備のショールームを見学をするたびに上がっていくものです。自分たちが考えていた予算を超えることは、決して珍しくありません。
しかし、予算が上がるとどうでしょう?
ローンの返済はもちろんのこと、お子さんの進学資金や暮らしに使えるお金も心配です。

だから横浜リノベーションは、「理想の金額で夢を叶えたい方」を応援しています。
予算オーバーで無理して進めるリノベーションは、する必要ありません。

意外と知らない、見積もりが急に高くなる理由

リノベーションに限らず、注文住宅でもよくあるのが「予算オーバー」です。
そもそも見積もりを出してもらうのに、なぜ予算オーバーするのか。これは、初回見積もりを最低グレードで算出するという、“見積もりの曖昧さ”が原因です。

安い見積もりは罠かも?相見積もりで価格に差が出るワケ

キッチン、浴室、洗面、トイレなどの水まわり設備はすべて低グレード、間取り変更も最低限で、内装材も低価格のクロスやフローリングシートが選択されている場合がほとんど。見積もりを初めて見たときに「思ったよりも安い」と感じた方も多いはずです。

しかし最低限の設備と仕様で算出されているのですから、もちろん変更が入ります。そうなると2回目の打ち合わせ時には、あっという間に予算オーバーしてしまうのです。

予算内で希望を叶える、その秘密は正確な見積もりと「VE手法」にあり!

横浜リノベーションでは、お客さまの希望を初回打ち合わせでしっかりとヒアリングし、初めから最終見積もりに近い金額をお出しします。大きな変更がない限りは、工事が始まってから「予算が足りません」と、後だし請求することはいたしません。

そのため初回打ち合わせで希望を伺った際に、造作や施主支給などを取り入れても、どうしても予算が足りない部分については「難しい」と、正直にお伝えします。初めから正確な見積もりを出すことが、予算内で希望を叶えられる理由です。


そしてもうひとつの理由は、不要な建材や工数を省きながらも品質を高める「VE(バリュー・エンジニアリング)手法」と、自社施工にあります。

横浜リノベーションでは、最低コストで必要な機能を得るために製品やサービスを追求し、大工・電気・設備・塗装・左官・建具の全ての工事を自社で行っています。工事に必要なあらゆる費用を品質を損なうことなく削減できているから、カスタマーファーストを実現できているのです。

「予算内でできるだけ多くの希望を叶えたい」「無理のない範囲でリノベーションをしたい」と考える方は、まずは横浜リノベーションにご相談ください。

→ お問い合わせフォームはコチラ

左近山団地フルリノベーション物件完成しました!
緑豊かでコミュニテイの整った左近山団地2Fのお部屋です。
専有面積45㎡前後の物件をお探しの方は内見も可能ですので、お気軽にご連絡ください^^
詳細はこちらから。

Instagramも運営しておりますので、こちら↓をクリックして「フォロー&いいね」をよろしくお願いいたします!

横浜リノベーション横浜リノベーション