提案された設計がイメージと違う・・リノベーションは設計士のものではなく、あなたのもの

右も左もわからない、はじめてのリノベーション。
設計士がいろいろとアドバイスをしてくれたら、とても安心ですよね。
けれど「絶対にこれがいい」とあまりにも押されると、自分が想像していた住まいとかけ離れてしまうことも…

横浜リノベーションに来られるお客さまからも「他社で提案された図面が自分たちのイメージと違う」と、相談されることが度々あります。

相談と提案は、バランスが大切

設計士は住宅の専門家ですから、お客さまの希望を伺ったときに「このほうが動線はいいだろうな」と思うことは多々あります。けれどそれはあくまで設計士としての意見であって、大切なのはその家で暮らすお客さまの意見を反映することです。

万人受けする間取りやデザインが、すべてのお客さまにとって正解だとは限りません。
お客さまの生活背景や理想などの話を伺いながら、どのような住まいがベストなのかを考え間取りに落とし込む。これがプロ設計士の仕事です。

ですから横浜リノベーションのエンジニアは、「こうしたほうが、よりいいかもしれません」とお伝えすることはあっても、「絶対こちらがいい」と押し通すことはしません。
最終的な決定権はお客さまにあり、そこを押し切ってしまうと設計士のエゴになってしまうからです。
お客さまの希望を尊重しながらも、リノベーションのプロフェッショナルとして提案やアドバイスはしっかりといたしますので、ご安心ください。

「コストダウン」×「オリジナル性」で理想の住まいづくり

ヒアリングをするなかでお客さまの希望を反映しすぎると、必ずと言っていいほど予算オーバーしてしまいます。しかしだからといって予算を増やすと、次は住宅ローンの返済が心配です。

そのため横浜リノベーションのエンジニアは、お客さまの希望を伺いながら「コストダウン」×「オリジナル性」を常に頭で考えています。たとえば「キッチンはアイランドにしたいけど、メーカー品だと予算が足りない」という場合は、造作や施主支給などを提案します。場合によっては物件購入費用の調整をすすめることも。

ただ希望を反映するだけではなく、限られた予算でどこまで理想を実現できるのかがリノベーションでの醍醐味であり、おもしろい部分です。

横浜リノベーションは、「理想の金額で夢を叶えたい方」を応援します!

お客さまの細かいニーズに耳を傾け、寄り添い、ときにはズバッと本音で真実を伝える。
物件探しからリノベーションまで、二人三脚で進んでいけたらいいなと考えています。

【限定30名!】2024年度モニターキャンペーン実施中!

最後に、今年中にリノベーションをお考えの方には、うれしいキャンペーンのお知らせです!ただいま2024年度モニターを、限定30名で募集中!

ホームページからご応募とお問合せができますので、詳しくはこちらのページをご覧ください^^

左近山団地フルリノベーション物件完成しました!
緑豊かでコミュニテイの整った左近山団地2Fのお部屋です。
専有面積45㎡前後の物件をお探しの方は内見も可能ですので、お気軽にご連絡ください^^
詳細はこちらから。

Instagramも運営しておりますので、こちら↓をクリックして「フォロー&いいね」をよろしくお願いいたします!

横浜リノベーション横浜リノベーション